Linuxコマンド

Linuxコマンド

who - 誰がログインしているかを調べる

whoコマンドを用いると誰がログインしているかを調べることができます。whoコマンドが基にしている情報は/var/run/utmpの情報になります。このutmpデータベースの情報は誰がシステムを利用しているかの情報になります。
Linuxコマンド

w - 現在ログインしているユーザとその行動状況を確認する

wコマンドは現在ログインしているユーザとそのユーザが行っているプロセスを確認できるコマンドになります。 プロセスの管理やシステムの監視ができるprocps-ngパッケージのコマンドのひとつになります。
Linuxコマンド

umask - ファイル作成時の権限を制御する

umaskコマンドはBashの組み込みコマンド(BashというよりBourne Shellの組み込みコマンド)で、ファイル作成時の権限を制御出来るコマンドになります。 umaskコマンドでは、ファイルのパーミッションをマスクする(ファイル...
Linuxコマンド

ssh - リモートログインを行う

リモートサーバにログインするときに利用するSSHクライアントのコマンドになります。SSHはSecure Shellの略で、2つのホスト間で安全な暗号化通信を確立できます。 また、sshコマンドと組み合わせて利用するコマンドやプログラム...
Linuxコマンド

ldconfig - 共有ライブラリのリンクと検索キャッシュの作成

ldconfigコマンドは共有ライブラリを使用するプログラムの実行のために、共有ライブラリのシンボリックリンクの作成や共有ライブラリを検索するためのキャッシュを作成するコマンドになります。 共有ライブラリを利用するプログラムは作成した...
Linuxコマンド

ldd - 共有ライブラリの依存関係を確認

lddコマンドはプログラム等が要求する共有オブジェクト(共有ライブラリ)を表示するコマンドになり、共有ライブラリの依存関係を確認できます。 プログラムがうまく動かない原因でよくあるものとして、共有ライブラリのパスがうまくいっていなかったり...
Linuxコマンド

updatedb - locateのデータベースファイルの作成

updatedbコマンドはlocateのデータベースファイルを作成するコマンドになります。このコマンドには基本的に管理者権限が必要になります。 しかし、オプションによっては管理者権限を用いずにプライベートのlocateデータベースファイル...
Linuxコマンド

locate - ファイルの場所を検索する

locateコマンドはファイルの場所を検索するコマンドになります。単純にファイル名が分かるけどファイルの場所が思い出せない場合に利用できます。また、よくあるトラブルとして同名のためにバージョンの異なるプログラムやライブラリを使用してしまうこ...
Linuxコマンド

if - 条件が真のときコマンドを実行する

ifコマンドは条件分岐のコマンドで基本的なコマンドになります。Bashでのifコマンドはthenのキーワードが必要なことを忘れないようにしたいです。 文字列のパターンでの分岐のような条件分岐を記述する場合は、caseコマンドを利用した...
Linuxコマンド

case - 複数の条件分岐を行う

caseコマンドはある文字列に対して、パターンマッチを行っていき、コマンドの処理を分岐できます。 ファイルの拡張子によってコマンドの実行を分けたい場合やそれぞれ特定のファイル名ごとに処理の実行を分けたい場合に利用できます。
Linuxコマンド

while - 条件が真のときコマンドを繰り返す

Linuxでのwhile(bash)の使い方です。条件が真である間コマンドを繰り返すループの構文のひとつになります。 whileコマンドは例えば、ファイルをreadコマンドで一行ずつ読み込んで、処理するようなときに利用できます。 ...
Linuxコマンド

mapfile - 標準入力から行を読み込み配列変数に代入する

mapfileコマンドはBashの組み込みコマンドで標準入力から行を読み込み、その内容を配列変数に代入します。使い方はreadコマンドに似ています。配列変数には標準入力からの内容を改行で区切って、それぞれの要素に入ります。 また、同じ...
Linuxコマンド

declare - 変数を宣言する

declareコマンドはBash組み込みコマンドの一つになります。declareコマンドは変数を宣言するコマンドです。また、Bashの変数宣言はdeclareコマンドを使用しなくても行うことが出来ます。しかし、declareコマンドは変数に...
Linuxコマンド

uptime - システムの稼働時間を確認する

uptimeコマンドはシステムがどのくらいの時間稼働しているかを確認できるコマンドになります。システムの稼働時間のほかに直近での1分間・5分間・15分間の平均負荷率も表示されます。
Linuxコマンド

export - 環境変数を設定する

exportコマンドはbashの組み込みコマンドで、環境変数を設定できるコマンドになります。 環境変数は現在のシェルだけでなく、シェルで起動させるプログラム(子プロセス)に対して、影響を与えます。プログラムによっては環境変数を用いるこ...