Linuxコマンド

Linuxコマンド

mapfile - 標準入力から行を読み込み配列変数に代入する

mapfileコマンドはBashの組み込みコマンドで標準入力から行を読み込み、その内容を配列変数に代入します。使い方はreadコマンドに似ています。配列変数には標準入力からの内容を改行で区切って、それぞれの要素に入ります。 また、同じ...
Linuxコマンド

declare - 変数を宣言する

declareコマンドはBash組み込みコマンドの一つになります。declareコマンドは変数を宣言するコマンドです。また、Bashの変数宣言はdeclareコマンドを使用しなくても行うことが出来ます。しかし、declareコマンドは変数に...
Linuxコマンド

uptime - システムの稼働時間を確認する

uptimeコマンドはシステムがどのくらいの時間稼働しているかを確認できるコマンドになります。システムの稼働時間のほかに直近での1分間・5分間・15分間の平均負荷率も表示されます。
Linuxコマンド

export - 環境変数を設定する

exportコマンドはbashの組み込みコマンドで、環境変数を設定できるコマンドになります。 環境変数は現在のシェルだけでなく、シェルで起動させるプログラム(子プロセス)に対して、影響を与えます。プログラムによっては環境変数を用いるこ...
Linuxコマンド

exec - シェルを実行したコマンドで置き換える

execコマンドはbashの組み込みコマンドでシェルを実行するコマンドで置き換えるコマンドになります。例えば、シェルスクリプト等で、あるコマンドを実行する場合、プロセス上では、実行したいコマンドが終わるまでそのコマンドを実行するシェルスクリ...
Linuxコマンド

nm - オブジェクトファイルのシンボル情報を表示する

nmコマンドはオブジェクトファイルや実行ファイルを指定することでそのオブジェクトファイルのシンボル情報を確認できます。シンボル情報は、コンパイラがソースコードにある変数名などの情報をオブジェクトファイルに変換するときに、どのように変換された...
Linuxコマンド

readelf - ELFファイルについての情報を表示する

readelfコマンドはELFファイルについての情報を表示するコマンドになります。 ELFはExecutable and Linkable Formatの略でコンパイラが生成するオブジェクトファイルや実行ファイルで利用されているファイ...
Linuxコマンド

objdump - オブジェクトファイルの情報を表示する

objdumpコマンドはオブジェクトファイルの内容を表示できるコマンドになります。objdumpコマンドは実行ファイルやオブジェクトファイルを調査するのに便利なコマンドです。 objdumpコマンドでアーカイブファイルを指定するとその...
Linuxコマンド

ar - 静的なライブラリファイルを作成する

arコマンドはアーカイブファイルを作成するコマンドになります。アーカイブファイルにあるファイルはメンバといいます。arコマンドはC言語などで利用するオブジェクトファイルをまとめたライブラリファイルを作成できるため、バイナリユーティリティとし...
Linuxコマンド

groupdel - グループを削除する

groupdelコマンドはグループを削除するコマンドになります。グループを削除した後、ファイルのグループを確認すると削除されたグループのグループIDが表示されます。 ユーザは1つのグループに所属する必要があります。これをプライマリグル...
Linuxコマンド

groupmod - グループを修正する

groupmodコマンドはグループを指定して、グループの名前またはグループIDを修正できるコマンドです。 また、グループを追加する方法については以下の記事で紹介しています。
Linuxコマンド

gpasswd - グループの管理を行う

gpasswdコマンドはグループを管理するコマンドになります。グループにパスワードを設定・グループにメンバーを追加や削除・グループの管理者を設定を行うことができます。 グループにパスワードを設定し、newgrpコマンドを利用するとその...
Linuxコマンド

groupadd - グループを追加する

groupaddコマンドはLinuxのグループを追加するコマンドになります。groupaddコマンドは管理者権限が必要なコマンドになります。 Linuxのグループを利用することで、グループ内でファイルを読み込めるようなアクセス権限を利...
Linuxコマンド

usermod - ユーザの設定を修正する

usermodコマンドはuseraddコマンド等で追加したユーザアカウントの設定を修正できます。usermodコマンドはユーザ・オプションの両方を指定して利用するコマンドになります。 そのオプションはuseraddコマンドのオプション...
Linuxコマンド

chage - パスワードの有効期限を設定・変更する

chageコマンドは、パスワードの有効期限の情報を設定したり、変更できます。このコマンドは基本的に管理者権限が必要なコマンドになります。 ただし、-lオプションで自身のアカウントでのパスワードの有効期限情報を確認する場合は管理者権限が...