bg - ジョブをバックグラウンド処理にする

bg

bgコマンドは、停止中のジョブ等をバックグラウンド処理にすることができます。

フォアグラウンドで実行中の処理を停止して、バックグラウンド処理に切り替えたい場合は、まず、Ctrl+zを入力しフォアグラウンドで処理しているジョブを停止した後にbgコマンドを利用することでバックグラウンド処理に切り替えることができます。

また、始めからバックグラウンド処理を行いたい場合は

のようにコマンドの最後に'&'をつけることで処理を行うことができます。

スポンサーリンク

bgコマンドの利用例

jobsコマンドを利用することでシェルで実行中のジョブを確認することができます。

jobsコマンドはbashの組み込みコマンドで、シェルで実行しているジョブを確認できます。シェルでのジョブは'%'の文字から...

ジョブをバックグラウンド処理にしたい場合はbgコマンドでジョブスペック('%1'や'%2'のような指定方法)で指定することでそのジョブをバックグラウンド処理にできます。

bgコマンドでジョブスペックを指定しない場合はカレントジョブ(jobsコマンドで'+'の記号がついているジョブ)がバックグラウンド処理になります。

また、バックグラウンド処理に変更されたジョブは、コマンド列の末尾に'&'の文字が追加されます。

参考

Bash Reference Manual

スポンサーリンク