touch - ファイルのタイムスタンプを変更する

touch

touchコマンドは、ファイルのタイムスタンプを変更するコマンドです。
しかし、実際には空ファイルの作成に用いる場合のほうがとても多いコマンドです。

スポンサーリンク

touchコマンドとは

指定されたファイルのアクセス時間(atime)や修正時間を変更することができます。

また、指定されたファイルが存在しない場合は空のファイルを作成します。

touchコマンドの利用例

空のファイルを作成
(オプションなし)

touchコマンドの引数のファイルが存在しない場合は、touchコマンドは空のファイルを作成します。

コマンド例では、「file」という名前の空ファイルを作成しています。

コマンド例

タイムスタンプの変更
(オプションなし)

touchコマンドの引数のファイルが存在する場合、touchコマンドはそのファイルのタイムスタンプを変更します。
タイムスタンプはアクセス時間と修正時間の両方が現在時間に変更されます。

コマンド例

実行前のタイムスタンプの確認(statコマンド)

実行後のタイムスタンプの確認(statコマンド)

アクセス時間のみを変更
(-aオプション)

-aオプションを用いるとアクセス時間のみを現在時間に変更することができます。

コマンド例

実行前のタイムスタンプの確認(statコマンド)

実行後のタイムスタンプの確認(statコマンド)

修正時間のみを変更
(-mオプション)

-mオプションを用いると修正時間のみを現在時間に変更することができます。

コマンド例

実行前のタイムスタンプの確認(statコマンド)

実行後のタイムスタンプの確認(statコマンド)

ファイル作成しない
(-cオプション)

-cオプションはファイルが存在しない場合に、ファイル作成を行いません。

コマンド例

実行前のディレクトリ内容(lsコマンド)

実行後のディレクトリ内容(lsコマンド)

タイムスタンプの時間を指定
(-dオプション)

-dオプションは、タイムスタンプを現在時間の代わりに指定することができます。

コマンド例

実行前のタイムスタンプの確認(statコマンド)

実行後のタイムスタンプの確認(statコマンド)

フォーマットでタイムスタンプの時間を指定
(-tオプション)

-tオプションは、[cc[yy]]mmddhhmm[.ss]の形式でタイムスタンプの時間を指定することができます。

コマンド例

実行前のタイムスタンプの確認(statコマンド)

実行後のタイムスタンプの確認(statコマンド)

ファイルからタイムスタンプの時間を指定
(-rオプション)

-rオプションは、ファイルのタイムスタンプを参照して、タイムスタンプを指定することができます。

コマンド例

reftimeのタイムスタンプ(statコマンド)

実行前のタイムスタンプの確認(statコマンド)

実行後のタイムスタンプの確認(statコマンド)

参考

外部リンクGnu Coreutils

外部リンクGnu Coreutils日本語版

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする