Linuxコマンド

whatis - マニュアルページの名前から検索し概要を表示する

whatisコマンドは、マニュアルページの名前から検索してマニュアルページの簡単な概要を表示することができます。
Linuxコマンド

mktemp - 一時的なファイルやディレクトリを作成する

mktempコマンドは一時的なファイル(テンポラリファイル)を作成するコマンドです。 テンポラリファイルはファイル名が衝突しないように作成されます。
Linuxコマンド

rm - ファイルを削除する

rmコマンドはファイルを削除するコマンドです。ディレクトリを削除する場合はオプションをつける必要があります。 Linuxコマンドの中で基本的なコマンドのひとつです。
Linuxコマンド

mv - ファイルの移動や名前変更をする

mvコマンドはファイルの移動と名前変更に用いるコマンドになります。 Linuxコマンドの中で基本的なコマンドのひとつです。
Linuxコマンド

cp - ファイルをコピーする

cpコマンドはファイルをコピーするコマンドです。 Linuxコマンドの中でとても基本的なコマンドのひとつで、よく使用されるコマンドです。
Linuxコマンド

install - ファイルの権限などを設定してコピーする

installコマンドは、cpコマンドによく似たコマンドですがファイルをコピーすると同時にパーミッションを設定できる点がcpコマンドと異なります。 Makefileで実行プログラムをインストールディレクトリにコピーするとき利用すること...
Linuxコマンド

ptx - 文章から索引を作成する

ptxコマンドは、文章のそれぞれのキーワードに対しての索引を作成します。
Linuxコマンド

expr - 式を評価する

exprコマンドは式を評価し、その結果を標準出力に出力します。 評価する式は様々で、文字列、数値、論理を評価することができます。
Linuxコマンド

fold - 長い行を折り返す

foldコマンドは、長い行を指定した長さに合うように折り返すことができるコマンドです。
Linuxコマンド

nl - 行番号を追加する

nlコマンドは、ファイルの内容や標準入力の内容に行番号を追加することができます。
Linuxコマンド

sleep - 指定した時間だけ停止する

sleepコマンドは指定した時間だけ停止します。 一定時間だけ動作を止めたい場合に使用できます。
Linuxコマンド

uname - システムの情報を表示する

unameコマンドは、実行しているマシンとオペレーティングシステムの情報を確認できます。
Linuxコマンド

head - ファイルの最初の部分を表示する

headコマンドはファイルの最初の部分を確認するときに利用できます。 デフォルトでは、ファイルの始めから10行までの部分を表示し、-nオプションでファイルの初めから指定した行数まで表示することができます。
Linuxコマンド

nproc - プロセッサの数を表示する

nprocコマンドは、現在の利用できるプロセッサの数を表示することができます。
Linuxコマンド

fmt - 文章を整形する

fmtコマンドは、文章を整形するためのコマンドです。 横に長くなってしまった文章を一定の幅になるように結合や分割を行います。