Linuxコマンド

read - 標準入力から変数に代入する

readコマンドはユーザからの入力を変数に代入することができます。 また、オプションによって、「>」のような文字を入力する前の文字列として追加し、ユーザに文字入力の要求を分かりやすくすることができます。
Linuxコマンド

:(ヌルコマンド) - 何もしないコマンド

:(ヌルコマンド、null command)は、引数の展開とリダイレクト以外何も行わないコマンドです。 組み込みコマンドのひとつになります。また、終了ステータスは常に0(真)になります。
Linuxコマンド

md5sum - 128ビットのメッセージダイジェストを計算する

md5sumコマンドはmd5というアルゴリズムによって、128ビットのメッセージダイジェスト(ハッシュ値)を計算するコマンドのひとつです。 このメッセージダイジェストはファイルの分割や転送等で利用でき、ファイルが破損していないかどうか...
Linuxコマンド

tr - 文字を変換または削除する

trコマンドは標準入力の文字をすべて別の文字に変換・削除し、標準出力へ書き出します。 用途として、大文字を小文字に変換したり、また逆に小文字を大文字に変換することが可能です。
Linuxコマンド

rmdir - 空のディレクトリを削除する

rmdirコマンドは空のディレクトリを削除するコマンドです。 空のディレクトリ以外を削除する方法は、rmコマンドの-Rオプションによる再帰的な削除があります。 rmdirコマンドを用いる場合は、間違ってディレクトリ以外のものを削...
Linuxコマンド

uniq - 同じ行を繰り返さずに表示する

uniqコマンドは連続して重複する行を表示しないようにできます。 また、行がどのくらい重複しているかをカウントすることもでき、よくsortコマンドと組み合わせて使用されます。よく使用されるLinuxコマンドのひとつです。
Linuxコマンド

mkdir - ディレクトリを作成する

mkdirコマンドはディレクトリを作成するコマンドになります。 オプションを用いるとアクセス権限を設定しながらディレクトリを作成することも可能です。Linuxコマンドの中で、基本的なコマンドの一つになります。
Linuxコマンド

nice - プロセスの優先度を変更するためのナイス値を変更する

niceコマンドはプロセスのナイス値(nice value または niceness)を変更します。 このナイス値は、どのプロセスがより多くのCPU時間を占有するかというCPUの処理優先度に関係します。
Linuxコマンド

env - 環境変数を一時的に修正してコマンドを実行する

envコマンドは、別のコマンドを引数に取ります。その別のコマンドに対して、envコマンドで一時的に修正した環境変数を用いてコマンドを実行します。 envコマンドでコマンドを引数に取らない場合は環境変数を表示することができます。また、e...
Linuxコマンド

chroot - ルートディレクトリを変更しコマンドを実行する

chrootコマンドはルートディレクトリを変更して、その変更したルートディレクトリでコマンドを実行するコマンドです。chrootは、多くのシステムで管理者権限が必要なコマンドになります。 また、コマンドを実行する際に、新しいルートディ...
Linuxコマンド

mknod - 特殊ファイルを作成する

mknodコマンドは特殊ファイル(special file)を作成するコマンドになります。 特殊ファイルの例として、/dev/nullのようなデバイスファイルがあります。mknodコマンドはこのような特殊ファイルを作成することができま...
Linuxコマンド

chmod - アクセス権限を変更する

chmodコマンドはファイルのアクセス権限を変更するコマンドです。 アクセス権限を変更することで、権限がないユーザがファイルの削除、書き換え、読み込み等を防ぐことができます。
Linuxコマンドのノウハウ

コマンド履歴を編集してコマンドをまとめて実行する

コマンド履歴を確認するコマンドとしてhistoryコマンドがあります。 historyコマンドで確認をしたコマンド履歴はfcコマンドを用いて編集して、編集後のコマンドを実行することができます。
Linuxコマンド

chown - ファイルの所有者やグループを変更する

chownコマンドはファイルの所有者やグループを変更することができます。 似たようなコマンドとして、chgrpコマンドがあります。chownコマンドでグループを変更することができますが、chgrpコマンドでもグループを変更できます。 ...
Linuxコマンド

id - ユーザIDやグループIDを表示する

idコマンドは指定したユーザのユーザIDやグループIDを確認できます。 ユーザが指定されていない場合はこのidコマンドを実行しているプロセスのユーザIDやグループIDを確認できます。