Linuxコマンド

git - バージョン管理システムを利用する

Gitは分散型のバージョン管理システムになります。GitはSubversionのような集中型のバージョン管理システムと異なり、ファイルのすべての変更履歴をそれぞれのマシンが持ちます。そのため、リポジトリを管理しているサーバーにアクセスできな...
Linuxコマンド

numfmt - 数値の整形を行う

numfmtコマンドは数値をKやMをつけた数値に変換、またはその逆でKやM等のついた数値を単純な数値に変換することができます。 numfmtコマンドはオプションを指定し利用します。例えば、変換する数値の箇所はcutコマンドのようにフィ...
Linuxコマンド

printf - フォーマット形式で文字列を表示する

printfコマンドは、フォーマット指定子を含むようなフォーマット文字列を利用して、文字列を表示するコマンドです。 printfコマンドは、第一引数として、フォーマット文字列を、第二引数以降はフォーマット指定子に代入する値になります。...
Linuxコマンド

csplit - 正規表現等のパターンを用いてファイルを分割する

csplitコマンドはsplitコマンドと同様にファイルを分割するコマンドになります。 splitコマンドと異なる点は、例えば、ファイル分割の方法を正規表現を指定して、パターンにマッチした箇所で内容が始まるようにファイルを分割できます...
Linuxコマンド

m4 - マクロプロセッサ

m4コマンドを利用するためにファイルにマクロの定義とテキスト等の内容を記述します。そして、m4コマンドでそのファイルを指定することで、テキストは定義したマクロに置き換えられていき、その置き換えたテキストを結果として出力するコマンドになります...
Linuxコマンド

stdbuf - I/Oストリームのバッファリングを修正してコマンドを実行する

stdbufコマンドはI/Oストリームのバッファリングを修正してコマンドを実行することができます。 'tail -f'等のプログラムが終了せずに内容を表示し続けるコマンドをパイプを通してフィルタして、さらにパイプを通すとき内容がバッフ...
Linuxコマンド

kill - プロセスにシグナルを送信する

killコマンドはプロセスにデフォルトとしてTERMシグナルを送信し、そのプロセスを終了できます。 また、killコマンドはプロセスを強制終了させたいときにも、よく利用されます。 その場合は、killコマンドはKILLシグナルを...
Linuxコマンドのノウハウ

Linuxのリダイレクトについて確認する

シェルでは、実行するコマンドに対して'>'や'<'等のリダイレクト演算子を追加するとコマンドの入力元や出力先を変更することができます。 これをリダイレクトまたはリダイレクション(redirection)といいます。 ...
Linuxコマンド

factor - 素因数分解を行う

factorコマンドは数字を入力すると、その数字の素因数を計算して出力するコマンドです。 唐突に数字を素因数分解するような場面に遭遇したら、このコマンドを利用してみてもいいかもしれません。
Linuxコマンド

dircolors - lsコマンドの色表示を設定する

dircolorsコマンドは、lsコマンドの色表示を設定するコマンドを出力します。 lsコマンドの色設定を変更するためには、環境変数LS_COLORSを指定する必要があり、dircolorsコマンドはこのLS_COLORSを設定するコ...
Linuxコマンド

timeout - コマンドに制限時間を設定する

timeoutコマンドは、コマンドを実行させる際に制限時間をつけることができます。 また、終了する際に送信されるシグナルを変更できます。 わざと無限ループの処理のプログラムを作成し、timeoutコマンドで制限時間を設けて、処理...
Linuxコマンド

date - 日付や時間の表示と設定をする

dateコマンドはシステムの時間を表示または設定できます。 システムの時間を表示する場合はフォーマット形式の文字列を用いて、表示したい形式を生成できます。 -dオプションを用いると指定した時間について表示することもできます。 ...
Linuxコマンド

whoami - 現在のユーザを確認する

whoamiコマンドは現在のユーザを確認するコマンドになります。 つまり、コマンドはそのまま'Who am I?'(私は誰?)を意味するコマンドになります。
Linuxコマンド

tty - 端末のファイル名を表示する

ttyコマンドは、標準入力になっている端末のデバイスファイル名を表示するコマンドになります。 また、ttyはteletypewriter(テレタイプライター)の略で、テレタイプライターとは送信者側でタイプライタで文字を入力、それを電気...
Linuxコマンド

tail - ファイルの最後の部分を表示する

tailコマンドは、ファイルの最後の部分を表示するコマンドになります。ファイルの終わりから10行までの部分を表示し、-nオプションでファイルの終わりから指定した行数まで表示することができます。ログ(log)ファイルはファイルに追記されて記録...