Linuxコマンド

ar - 静的なライブラリファイルを作成する

arコマンドはアーカイブファイルを作成するコマンドになります。アーカイブファイルにあるファイルはメンバといいます。arコマンドはC言語などで利用するオブジェクトファイルをまとめたライブラリファイルを作成できるため、バイナリユーティリティとし...
Linuxコマンド

groupdel - グループを削除する

groupdelコマンドはグループを削除するコマンドになります。グループを削除した後、ファイルのグループを確認すると削除されたグループのグループIDが表示されます。 ユーザは1つのグループに所属する必要があります。これをプライマリグル...
Linuxコマンド

groupmod - グループを修正する

groupmodコマンドはグループを指定して、グループの名前またはグループIDを修正できるコマンドです。 また、グループを追加する方法については以下の記事で紹介しています。
Linuxコマンド

gpasswd - グループの管理を行う

gpasswdコマンドはグループを管理するコマンドになります。グループにパスワードを設定・グループにメンバーを追加や削除・グループの管理者を設定を行うことができます。 グループにパスワードを設定し、newgrpコマンドを利用するとその...
Linuxコマンド

groupadd - グループを追加する

groupaddコマンドはLinuxのグループを追加するコマンドになります。groupaddコマンドは管理者権限が必要なコマンドになります。 Linuxのグループを利用することで、グループ内でファイルを読み込めるようなアクセス権限を利...
Linuxコマンド

usermod - ユーザの設定を修正する

usermodコマンドはuseraddコマンド等で追加したユーザアカウントの設定を修正できます。usermodコマンドはユーザ・オプションの両方を指定して利用するコマンドになります。 そのオプションはuseraddコマンドのオプション...
Linuxコマンド

chage - パスワードの有効期限を設定・変更する

chageコマンドは、パスワードの有効期限の情報を設定したり、変更できます。このコマンドは基本的に管理者権限が必要なコマンドになります。 ただし、-lオプションで自身のアカウントでのパスワードの有効期限情報を確認する場合は管理者権限が...
Linuxコマンド

passwd - ユーザのパスワードを設定または変更する

passwdコマンドは、ユーザのパスワードを設定・変更することができます。また、passwdコマンドはパスワードの有効期限などの設定を行うこともできます。 自分自身のパスワードを変更する場合ならば、管理者権限は特に必要ありません。しか...
Linuxコマンド

userdel - ユーザを削除する

userdelコマンドはユーザを削除するコマンドになります。userdelコマンドを利用する場合、管理者権限が必要なコマンドになります。
Linuxコマンド

useradd - ユーザを追加する

useraddコマンドはLinuxのユーザを追加できるコマンドになります。このコマンドは管理者権限が必要なコマンドになります。ユーザを追加した後はpasswdコマンドでパスワードを設定できます。 ユーザの情報は/etc/passwdの...
Linuxコマンド

cpio - 標準入出力を利用してアーカイブファイルを作成・展開する

cpioコマンドは標準入力からファイルリストを受け取ってcpio形式のアーカイブファイルを作成したり、アーカイブファイルを標準出力から受け取ってcpio形式のアーカイブファイルを展開することが出来ます。 findコマンドを用いて必要な...
Linuxコマンド

awk - テキストデータのパターン処理を行う

awkはパターンマッチやテキスト処理が得意なプログラミング言語です。awkはプログラムのコンパイルが必要ないインタプリタ言語になります。 awkコマンドは、テキストデータである入力ファイルを行ごと処理することができ、一行で記述できる程...
Linuxコマンド

type - 利用するコマンドの解釈を確認する

typeコマンドはbashの組み込みコマンドで、コマンドの解釈を確認できるコマンドになります。typeコマンドで確認できるコマンドの種類には、alias、function、builtin、file、keywordがあります。
Linuxコマンド

which - コマンドのパスを確認する

whichコマンドはコマンドのパスを確認できるコマンドになります。あるコマンドを利用するときにそのコマンドのフルパスを記述する必要がある場合に利用できます。 また、簡易的にコマンドがインストールされているかどうかを確認するためにも利用...
Linuxコマンド

trap - シグナルを受信したときの動作を設定する

trapコマンドはプロセスがシグナルを受信したときの動作を設定できるコマンドになります。 シグナルは、Ctrl+cによる割込みを行ったとき(SIGINT)や停止しているプロセスが再開したとき(SIGCONT)の様々な条件によってプロセスに...