Linuxコマンド

sync - メモリにバッファ中のデータをディスクに書き込む

syncコマンドは、システム上でファイルの書き込みが終了しているが、ディスクに書き込まれていないデータを、ユーザが任意のタイミングでディスクに書き込むように命令することができます。
Linuxコマンド

stat - ファイルまたはファイルシステムの情報を確認

statコマンドは、ファイルの情報やファイルシステムの情報を確認することができます。lsコマンドよりも詳しいファイル情報を確認したい場合などに利用します。
Linuxコマンド

du - ファイルやディレクトリのサイズを表示

duコマンドは、ファイルやディレクトリのサイズを確認することができます。ディスク容量をあける場合に大きいファイルサイズを持つファイルやディレクトリを探すのに便利です。
Linuxコマンド

df - ディスク容量を確認する

dfコマンドはディスク容量を確認することができます。サーバーなどでディスク容量がいっぱいになると多くのトラブルが発生します。ディスク容量はある程度の空きを持ちたいものです。
Linuxコマンド

mkfifo - FIFO(名前付きパイプ)を作成する

mkfifoコマンドは、FIFOという特別なファイルを作成するコマンドです。FIFOは、名前付きパイプとも呼ばれ、プロセス間通信(IPC,interprocesscommunication)の一つです。また、Linuxコマンドでよく使われる...
Linuxコマンド

join - 共通の列を合わせる

joinコマンドは、共通の列を結合して、それぞれのファイルの列を合わせることができます。そのため、ファイル間での簡単な表操作に利用することができます。
Linuxコマンド

tsort - トポロジカルソートを行う

tsortコマンドはトポロジカルソートを行うコマンドです。トポロジカルソートはジョブのスケジューリング問題に利用されます。
Linuxコマンド

dd - ファイルをコピーする

ddコマンドは、ファイルのコピーを行うコマンドです。単純なファイルのコピーのほかに、SDカード等のデバイスにイメージファイルをコピーすることにも利用することができます。
Linuxコマンド

base64 - データを印刷可能な文字に変換する

base64は、US-ASCII文字のデータしか扱うことができない環境でデータの格納や転送を行うために使われます。具体的に電子メールで音声データや画像データの送信などに利用されます。base64コマンドは、データをbase64のデータにエン...
Linuxコマンド

sort - ファイルをソートする

sortコマンドは、ファイルのソートを行うことができます。sortコマンドは、基本的に文字コード順で文字を比較しますが、オプションを用いることで、数値の比較等をすることができます。また、sortコマンドは、オプションを用いてキーを指定するこ...
Linuxコマンド

shuf - 入力行をランダムに表示する

shufコマンドとは、入力行をランダムに並び替えることができるコマンドです。ランダムなデータは、プログラムの簡単なテストデータを作成するのに役立ちます。
Linuxコマンド

unexpand - スペースをタブに変換する

unexpandコマンドは、スペースをタブに変換することができます。このunexpandコマンドとは逆のexpandコマンドもあります。これらのコマンドは、ソースファイルの内容でスペースかタブかを統一するときに使うことができます。
Linuxコマンド

expand - タブをスペースに変換する

expandコマンドはタブをスペースに変換することができます。タブをスペースに変換する際、タブストップ幅を考えて変換が行われます。タブを一定のスペースに変換するコマンドではないので注意が必要です。
Linuxコマンド

ls - ディレクトリの内容を表示する

lsコマンドは、ディレクトリの内容を表示する基本的なLinuxコマンドになります。lsコマンドは、ディレクトリの内容を表示しファイルの状態を確認することができます。
Linuxコマンド

paste - ファイルの内容をマージする

pasteコマンドは、単純なデータファイルをExcelのような表計算ソフト等を使用せずに、コマンドによってデータを並べることができます。また、データを並べる際に区切り文字を指定することで、csvファイルのようなデータファイルを作成することも...