ls - ディレクトリの内容を表示する

lsコマンドは、ディレクトリの内容を表示する基本的なLinuxコマンドになります。
lsコマンドは、ディレクトリの内容を表示しファイルの状態を確認することができます。

lsコマンドとは

lsコマンドは、ディレクトリの内容を表示するコマンドです。
Linuxコマンドの中でとてもよくつかわれるコマンドのひとつです。

lsコマンドには、様々なオプションがあり、単純にディレクトリの内容を表示するだけではなく、ファイルの状態なども確認することもできます。

lsコマンドの利用例

ディレクトリの内容を表示
(オプションなし)

lsコマンドをオプションなしで用いるとカレントディレクトリの内容を表示することができます。
オプションがない場合、.(ドット)から始まるファイルやディレクトリを表示しません。

コマンド例

実行結果

全てのディレクトリの内容を表示
(-aオプション)

-aオプションは、全てのディレクトリの内容を表示します。
また、.はカレントディレクトリを表し、..は一つ上のディレクトリを表します。

コマンド例

実行結果

.と..のディレクトリ以外の全てのディレクトリの内容を表示
(-Aオプション)

-Aオプションはカレントディレクトリである.と一つ上のディレクトリである..を表示しません。
それ以外は、-aオプションと同じです。

コマンド例

実行結果

ディレクトリの内容をロング形式で表示
(-lオプション)

-lオプションは、ディレクトリの内容をロング形式で表示することができます。

ロング形式は、ファイルタイプ、ファイルモード、ハードリンクの数、所有者名、グループ名、サイズ、タイムスタンプを表示することができます。

また、それぞれのディレクトリの内容を表示するときに合計のブロック数も表示します。
ブロック数は、通常、デフォルトで1024バイトです。
実行結果では、これは「合計 28」と表示されています。環境によっては「total 28」のように表示されます。
主なファイルタイプの表

記号 ファイルタイプ
- 通常のファイル
d ディレクトリ
l シンボリックリンク
p FIFO
s ソケット
? 他のファイルタイプ

コマンド例

実行結果

ディレクトリをファイルと同様な情報として表示
(-dオプション)

-dオプションは、lsコマンドでディレクトリを選択するときに、その選択したディレクトリの内容を表示するのではなく、lsコマンドはそれがファイルであるかのように動作します。

コマンド例

実行結果

-dオプションがないの場合、lsコマンドはそのディレクトリの内容を表示します。
コマンド例

実行結果例

シンボリックリンク先のファイル情報を表示
(-Hオプション)

-Hオプションは、lsコマンドの引数にシンボリックリンクを渡すとき、そのシンボリック先のファイル情報として表示できます。

コマンド例

実行結果

-Hオプションがない場合、シンボリックファイルとしてファイル情報を表示します。
コマンド例

実行結果

シンボリックリンク先のファイル情報を表示
(-Lオプション)

-Lオプションは、lsコマンドで表示する情報にシンボリックリンクファイルがある場合、シンボリックリンクファイルとして情報を表示するのではなく、シンボリックリンク先のファイル情報として表示できます。
-Hオプションのようにシンボリックファイルを指定しなくても使用することができます。

コマンド例

実行結果

-Lオプションがない場合、シンボリックリンクファイルは、シンボリックリンクファイルとして表示されます。
コマンド例

実行結果

パターンマッチしたファイルを表示しない
(-Iオプション)

-Iオプションは、パターンを指定することができます。
lsコマンドは、-Iオプションで指定したパターンにマッチしたファイルやディレクトリを表示しないようにすることができます。

コマンド例

実行結果

再帰的にディレクトリの内容を表示
(-Rオプション)

-Rオプションは、ディレクトリの内容を再帰的に表示することができます。

コマンド例

実行結果

詳細なタイムスタンプを表示
(--full-timeオプション)

--full-timeオプションは、タイムスタンプをnanosec単位まで表示することができます。

コマンド例

実行結果

所有者情報を表示しない
(-gオプション)

-gオプションを用いると、所有者の情報を表示しません。

コマンド例

実行結果

グループ情報を表示しない
(-Gオプションまたは-oオプション)

-Gオプションは、グループ情報を表示しません。
-oオプションは、-Gオプションと-lオプションを合わせたものと等価になります。

コマンド例

または

実行結果