chown - ファイルの所有者やグループを変更する

chown

chownコマンドはファイルの所有者やグループを変更することができます。似たようなコマンドとして、chgrpコマンドがあります。chownコマンドでグループを変更することができますが、chgrpコマンドでもグループを変更できます。

スポンサーリンク

chownコマンドの構文

chownコマンドの構文

new-ownerの指定方法

chownコマンドの利用例

所有者とグループの変更
(オプションなし)

chownコマンドはファイルの所有者とグループの変更を変更することができます。chownコマンドは所有者とグループの両方またはいずれかを変更できます。

所有者とグループの両方を変更

コマンド例

コマンド例実行前

実行結果

所有者の変更

コマンド例

コマンド例実行前

実行結果

グループの変更

グループを変更する場合は、管理者権限が必要かどうかはシステムに依存します。例えば、ファイルの所有者と現在のログインユーザが同じとき、ファイルの所有者が所属するグループに変更する場合、管理者権限が必要ではないかもしれません。

コマンド例

コマンド例実行前

実行結果

再帰的に変更
(-Rオプション)

-Rオプションはディレクトリとそのディレクトリの内容の所有者やグループを再帰的に変更します。

コマンド例

コマンド例実行前

実行結果

特定の所有者のときに変更
(--fromオプション)

--fromオプションは、所有者を変更するときに特定の所有者のものだけを変更することができます。

コマンド例

コマンド例実行前

実行結果

処理内容の情報を表示
(-vオプション)

-vオプションは、冗長モード(詳細な情報を表示するモード)で、所有者やグループを変更するかしないかの情報を表示します。

コマンド例と実行結果

変更したときにメッセージを表示
(-cオプション)

-cオプションは所有者やグループが変更されたときに、どの所有者やグループに変更されたかのメッセージを表示します。

コマンド例と実行結果

エラーメッセージを表示しない
(-fオプション)

-fオプションは、変更できないときのエラーメッセージを表示しません。

コマンド例と実行結果

シンボリックリンクファイル自体を変更
(-hオプション)

-hオプションはシンボリックリンクファイル自体の所有者やグループを変更します。

コマンド例

コマンド例実行前

実行結果

-hオプションを使用しない場合は、シンボリックリンク先のファイルの所有者やグループが変更されます。
コマンド例と実行結果

引数のディレクトリのシンボリックリンク先をたどる
(-Hオプション)

-Rオプションで再帰的に所有者やグループを変更する場合、-Hオプションは引数にあるディレクトリのシンボリックリンクファイルだけをたどります。

コマンド例

コマンド例実行前

実行結果

ディレクトリのシンボリックリンク先をたどる
(-Lオプション)

-Rオプションで再帰的に所有者やグループを変更する場合、-Lオプションは全てのディレクトリのシンボリックリンクファイルをたどります。

コマンド例

コマンド例実行前

実行結果

ディレクトリのシンボリックリンクをたどらない
(-Pオプション)

-Rオプションで再帰的に所有者やグループを変更する場合、-Pオプションはディレクトリのシンボリックリンクファイルをたどりません。

コマンド例

コマンド例実行前

実行結果

参照のファイルと同じ所有者やグループに変更
(--referenceオプション)

--referenceオプションは、ファイルを指定して、そのファイルと同じ所有者やグループに変更します。

コマンド例

コマンド例実行前

実行結果

chgrpコマンド

chgrpコマンドは、グループを変更するコマンドになります。構文はchownコマンドとほぼ同じですが、所有者の変更をできません。使用できるオプションもchownコマンドとほぼ同じになります。

コマンド例

コマンド例実行前

実行結果

参考

GNU Coreutils: chown invocation

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする